血液サラサラが重要!?血液が原因の生活習慣病をご存知ですか?

血液をドロドロからサラサラにする

血液をサラサラにするサプリの人気ランキングを掲載しています☆

 

昨今多くの人々が悩まされている「生活習慣病」。その中の一つに「高血圧」がありますが、なんと現在の日本人の約1000万人が高血圧を疾患しているそうです(日本生活習慣病予防協会HPより。2016年4月現在)。

 

本来、生活習慣病は食事の栄養バランスの偏り、運動不足、喫煙、飲酒、ストレスなどが原因で起こりますが、特に高血圧は血液が「ドロドロ」になることで発症するケースが多いです。

 

高血圧を患ってしまうと動脈硬化へ発展し、そこから心筋梗塞や脳梗塞、脳卒中などを引き起こしてしまいます。そしてそれらは自覚症状がほとんどありません。これはとても怖いことです。

 

ただ、高血圧は生活習慣を見直すことで改善されることが多く、当サイトでは生活習慣の改善や血圧低下に効果のあるサプリや食材を紹介していきます。サプリに関しては実際に効果と定評のある商品を紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ドロドロの血液が招く症例

「血液がドロドロ」というのはどういうことでしょうか?
実は血液が今にも固まってしまうような状態ではなく、赤血球や白血球、血小板の量が増えたり質に異常が起こることで血液の流れが悪くなっている状態のことを指します。よく言われる血行不良のことです。この「血液ドロドロ」の状態が続くと、主に以下のような症状が出ます。

 

  • 肌荒れ
  • 集中力の欠如
  • 腰痛や関節痛、生理痛
  • めまい
  • 高血圧
  • 手足がつる、またしびれる
  • 疲れやすい、やる気が出ない

などがあります。
特にひどい場合ですと、まずは動脈硬化に進展し、

 

  • 心筋梗塞
  • 脳梗塞
  • 脳卒中

といった命を脅かす病気を引き起こすこともあります。
そして最初に述べたように、これらは自覚症状がほとんどありません。このように血液がドロドロであることで、日常の生活に支障がでる症例が大変多いです。ではどういった生活をしていると、このような状態になるのでしょうか?

 

 

血液ドロドロを招く生活

血液ドロドロの状態をできれば未然に防ぎたい・・・。そう思うのは当然ですよね。もうすでに血液がドロドロ状態でも以下の項目に気を付ければ、症状が改善されるので、参考にしてみてください。

 

  • 血液ドロドロを招く生活
  • 運動不足
  • 水分不足
  • お酒を頻繁に大量に飲む
  • 野菜を食べない
  • 甘いものが大好き
  • タバコが大好き
  • 肉料理や脂っこい食べ物を中心に食べる
  • 魚をほとんど食べない
  • 夜食・間食が多い
  • 毎日深夜まで起きていて、寝不足気味

といったことがあげられます。
(各項目について、追ってより詳細に。ex:タバコなら目安として10本など)
こういった生活習慣の乱れが様々な病気を引き起こすので、この記事を見たことをきっかけに、いますぐ生活習慣の改善をしてみてはいかがでしょうか。


血液をサラサラにするサプリの紹介

そうはいっても家事や仕事が忙しかったり、日頃の付き合いなどから、生活習慣を根本から変えることなんてできない。そういった方のために、血液をサラサラにするサプリが数多く存在します。その中でも特に人気で効果に定評のあるサプリを紹介いたします。

料金:初回 1,980円(通常 5,695円)

血液をサラサラにするのはもちろんのこと、
脳の働きを促進するDHAが豊富に入っています。
さらにきなりに含まれるDHAとEPAは健康において今世界的に注目されている成分です。通常こういった栄養素は体内に吸収されにくいのですが、抗酸化力が強く、
体に吸収されやすいアスタキサンチン配合クリルオイルを使っているので、
効果も出やすいです。

料金:初回 3,241円(通常 4,762円)

 

料理ではほとんど使われることのない「玉ねぎの皮」には、健康維持に高い
パワーを持つ有用成分「ケルセチン」が含まれています。「タマネギの力」は、この「ケルセチン」を多く含んだ「玉ねぎ外皮エキス」を配合。さらに、
含硫アミノ酸「シクロアリイン」によって、血液をサラサラにします。

料金:初回 1,134円(通常 1,620円)

納豆のネバネバ成分ナットウキナーゼときなりでも紹介したDHA&EPAを
配合したサプリです。さらに玉ねぎの成分ケルセチンが加わって、血液をサラサラにしてくれます。
このナットウキナーゼ&DHA&EPAは何といってもコスパの良さが魅力的です。
サプリを使ってみたいけど、はじめは安く、効果も実感したい。
そんな方にお勧めです。

A・E・Dクリルオイル(グランドサン)

 

料金:初回お試し 500円(通常 7,528円)

 

クリルオイルは地球上で最もきれいな、汚染のない南氷洋に群生している南極オキアミから抽出したエキスです。クリルオイルの最大の特長は、主成分に、水に溶ける性質をもつオメガ3(EPA・DHA)とそれを酸化から守るアスタキサンチンが天然に含まれていることです。

協和発酵バイオ シトルリン

 

料金:初回お試し 500円(通常 1,543)

シトルリンはアミノ酸の一種「遊離アミノ酸」と呼ばれ、必要とされる場所で活躍するスーパーアミノ酸です。シトルリンはゴーヤーやスイカなどに多く含まれています。シトルリンは冷え性や疲れがなかなか抜けない方にお勧めです。
初回お試しも安く、手軽に始められます。

 

 

血液の流れを良くするサプリの選び方

血液の流れを良くするサプリの選び方ということですが、サプリメントであれば何でもいというわけではありません。
いくつかの条件の中からサプリメントを絞り込んでいきましょう。

 

 

コストパフォーマンスに優れているもの

サプリメントというのは、薬ではありません。そのため、飲んだその日にいきなり体が変わるというわけではありませんし、基本的には即効性はないのです。あくまでも健康食品になりますので、毎日継続していうことが大切です。継続するためには定期的に購入できる価格であることが前提になってきます。だからこそ、コストパフォーマンスに優れているものを選びましょう。

 

 

血液の流れをよくする成分が一定量配合されていること

サプリメントにもいろいろなものがあります。同じ成分が配合されているサプリメントであっても、その配合量というのはそれぞれ異なってきます。中には粗悪品と呼ばれるようなものもあり、メインの成分をほんのわずかしか配合せずに添加物などでごまかしているようなものもあるのです。そういうサプリメントはいくら摂取しても意味はありません。血液の流れをよくしてくれるDHA・EPA、ヘスペリジンなどの成分を一定量以上配合しているようなサプリメントを選んでいくようにしましょう。

 

 

血液サラサラになるための基礎知識コラム☆

EPAと血液サラサラの関係

EPAは血液サラサラ効果があると言われています。さば缶ブームで高いダイエット効果があると話題になったのがEPAですが、血液サラサラ効果もあるのです。EPAには驚きの健康効果があり、血中のEPA濃度が高い人ほど長生きできる確率が高いと言います。EPAとは、青背の魚に含まれる不飽和脂肪酸のことで、健康に長生きするためには欠かせない成分と言われています。血中のEPA濃度が低いと心臓や血管系の病気による死亡率が高くなり、EPA濃度が高いと長生きできる確率が高まるので、EPAのもたらす効果は甚大なものがあります。EPAにはさまざまな機能があるのですが、中でも注目すべきなのが血液サラサラ効果です。血小板の凝集をおさえる物質を生成する役割があり、赤血球を柔軟にする働きがあることから、EPAを摂取すると毛細血管まで血液がスムーズに流れ、血液をサラサラにしてくれます。EPAには血液ドロドロから血液サラサラにする効能があるので、血液の性状を健康に保ち、血栓をできにくくしてくれます。また、高脂血症を予防する効果があるので、動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞などを予防する働きがあります。

 

血液サラサラとはどんな状態?

よく、血液がサラサラやドロドロと表現されていますが、血液は目に見てわかるようなものではありません。普段から血液を見ていないので、血液検査で血を抜かれた状態を見てもいまいちピンと来ない人も多いでしょう。血液にはドロドロやサラサラなどさまざまな状態があり、サラサラは普通の水分のようにサラサラと流れている状態です。逆にドロドロは、はちみつのようにドロドロっとした粘り気のある状態といって良いでしょう。当たり前ですが、はちみつ状態では簡単に体の中を流れることが出来ず、全身に血液が巡るまでに時間がかかってしまいます。血流を促進させるのにも時間がかかってしまいますし、心臓にも負担はかかってしまうでしょう。血液の水分量が不足したり、血中の糖分が多かったり、脂肪分が過剰な状態だと血液はドロドロの状態になりやすいといわれています。その反面、適切な水分量で当分も脂肪分も多すぎない量であれば、健康的なサラサラの血液となります。体に負担をかけることなく簡単に全身をめぐることが出来るので疲れにくく健康な状態といえるでしょう。

 

血液サラサラになるサプリメントの安全性

血液サラサラになるサプリメントには、ドコサヘキサエン酸とエイコサペンタエン酸が含まれていることが多いでしょう。これらの成分はオメガ3系脂肪酸で脳の働きを活性化したり血液をサラサラにする効果が認められています。そして、これらの成分は適量摂取であれば副作用などの心配がない成分だといわれているので安心してください。サプリメントには一日の目安量が記載されていることが多いので、目安量を守って服用さえすれば健康的な摂取が可能といって良いでしょう。そのため安心して服用をすることが出来ます。これらの成分は恒常性維持機能が働く成分なので、体内で一定以上は増えないといわれています。しかし一日の規定量を超えて過剰摂取すると、下痢、吐き気、鼻血などを起こす可能性があるとも言われているので注意が必要です。また、普通の人であれば問題ありませんが血液を固まりにくくする薬を服用している人が血液をサラサラにするサプリメントを飲むと血小板凝集抑制作用が働きすぎて出血が増える可能性があるので注意をしましょう。薬を飲んでいる人は医師に相談してからサプリメントを飲み始めて下さい。

 

血液の"サラサラ" "ドロドロ"とは何なのか? 

よく、血液がドロドロやサラサラといいますがどんな状態かわかりにくいですよね。簡単に言うと、流れやすい血液か流れにくい血液かどうかです。血液だけを見るとわかりにくいですが、実際に拡大をして血液中の赤血球、白血球、血小板などの動きをよく見ると一目瞭然です。サラサラの血液だと何も引っかかることもなくどんどん流れていきますが、ドロドロの状態だと血管内でひっかかったりうまく動くことができないのです。きれいな部屋の中を歩くか、床の上にものがたくさんで歩きにくいかどちらかの状態といってよいでしょう。血液がサラサラかドロドロかを知りたい場合は、医療機関でMC-FANという機械を通すことで確認をすることができます。また、血液検査をすることである程度の状態を知ることができるでしょう。しかし、それだけではなく、普段の生活習慣や食生活だけでも自分の血液の状態がサラサラかドロドロかはある程度知ることができます。健康的な生活を送っていれば、きれいな血管の中を円滑に動き回り全身に滞りなく循環することができるサラサラの血液ということとなるでしょう。

 

血流改善方法とは

血流を改善する方法にはいくつかの方法があります。しかし、どれも難しいものではありません。自分自身が血流を改善するのだという意識づけができているとどれも簡単におこなうことができるものばかりなのです。その一つの方法には体を温めるという方法があります。冷えというのは血流を阻害する大きな要因となります。また冷たいものを食べないことを徹底していくことも有効です。飲み物などを含めて温かいものを中心に摂るように心がけましょう。食べるものでも血流を改善していくことは可能です。血液をサラサラにすると言われているような食べ物は血流改善にも有効です。タマネギやニンニク、らっきょうに納豆、アジやサンマにサバなどの青魚などを積極的に摂るのは血流改善に大いに役立ちます。さらに、適度な運動を行うことも良い方法です。ストレッチでも良いですし軽い有酸素運動などを日々行っていけば血流の改善に役立つことは間違いありません。また、お風呂に入浴したりマッサージにツボ押しを行うことも血流を改善していくには有効な方法であると言えます。もちろん、十分な睡眠を取り規則正しく生活するのが一番の基本ではあります。

 

動脈硬化と血液サラサラ対策のサプリとは?

血液がサラサラな状態であれば動脈硬化を防ぐことが出来ます。最近は年配の方を中心に動脈硬化になる方が多く、健康維持のために血流を改善したいと思っている方も多いでしょう。そんな方におすすめしたいサプリメントはEPA・DHA配合のサプリメントです。これらの成分は青魚に主に含まれている成分ですが、普段から青魚を食べる習慣があるという人は少ないはずです。だからこそ毎日気軽に補給できるサプリメントであれば、簡単に続けられることが出来動脈硬化予防にもつながるのでしょう。EPAとDHAは動脈硬化だけではなく中性脂肪値やコレステロール値を下げる効果が高いことでも知られています。その為生活習慣病全般を予防したい方にもおすすめです。更に動脈硬化の予防を強化したいのであれば、コエンザイムQ10、イチョウ葉エキス、レシチン、マグネシウム等もおすすめです。どれも有名な成分なので聞いたことがある人も多いでしょう。これらはそれぞれ効果は違いますが動脈硬化予防に効果的なので様々な部分から健康維持に役立ってくれるのではないでしょうか。

 

ドロドロ血液とはどんな血液?

よく、血液がドロドロサラサラなどといいますが、ドロドロの血液とはどんな状態なのか詳しく知っている人は少ないでしょう。なんとなく、サラサラは水のようにさらっとしていてドロドロははちみつのようにドロドロとしている印象だと思われがちですが、実は違います。ドロドロの血液とは、血液に異常をきたしていて巡りが悪い状態のことを言うのです。赤血球、白血球、血小板などの質が正常でどれもバランスよく動いているのであれば、サラサラで体内中をしっかりとめぐり血液ということとなります。しかしドロドロの血液になると赤血球白血球血小板の量や質がおかしくなってしまい血液が流れにくい状態になってしまっているのです。この状態のことをドロドロの血液といいます。そのため目で見ただけでは簡単にはわからない変化なのです。ドロドロの血液のままでは脳梗塞や心筋梗塞になってしまう可能性も高いでしょう。不健康な生活を送っていれば、それだけで血液の状態が悪化してドロドロの状態になってしまいます。普段から健康に気を付けてサラサラの血液を目指しましょう。

 

ドロドロ血液の状態にはどんな危険が潜んでる?

血液がドロドロの人は注意が必要です。血液は体中を循環しているので、状態が悪化すると体にさまざまな不具合を与えてしまいます。ドロドロの状態が続くとどんどん病気に発展してしまうでしょう。ドロドロの血液が招く病気はたくさんあります。たとえば、心筋梗塞、脳梗塞、そして脳出血です。血液がドロドロだと血管が詰まりやすくなり、高血圧や動脈硬化になってしまいます。そのせいでこれらの病気のリスクが高まるのです。また、ドロドロの血液の人は糖尿病にもなりやすいそうです。中性脂肪値が高いと血液はドロドロになりやすいといわれていますが、それが悪化するとさらに血液の粘度も上がり、血栓のリスクも高くなります。今あげた病気はすべて、悪化しすぎると死を招く可能性すらある病気なのです。健康診断で医師から血液がドロドロだといわれることは少ないかもしれませんが、血圧、コレステロール、中性脂肪、血糖値が高いと血液がドロドロになっている状態だということがわかります。将来的なリスクを避けるためにも、血液がドロドロの状態を改善するようにしましょう。

 

あなたは血液サラサラ?ドロドロ度チェック

自分の血液がドロドロかサラサラかは目で確認をすることができません。血流がどんな感じになっているのか透けて見えるわけはありませんし、怪我をして血を流したり採血をしたときの血をみてもいまいちどんな状態なのかわからないでしょう。しかし普段の生活習慣で自分の血液の状態がどのようになっているかはある程度把握することができます。血圧が高いほうだ、野菜はあまり食べない、揚げ物などの脂っこい料理が好き、甘いものが好き、ストレス過多だ、肩こり頭痛が気になる、中性脂肪値やコレステロール値が高い、肥満寄り、運動をしない、魚よりも肉派、外食が多い、お酒をよく飲む、夜食を食べる習慣がある、眠れないもしくは睡眠が浅い、喫煙者、生活リズムが不規則、これらの項目に当てはまっているものが多ければ多いほど血液はドロドロの可能性が高いです。特に40代以降は血液がドロドロになりやすいといわれています。もし当てはまる項目が多かったという人は少しずつ改善をしていきましょう。ドロドロのままではさまざまな病気にかかる可能性も高くなってしまいます。

 

血液サラサラになろう:食事でサラサラにする

血液をサラサラにするには食生活の改善が不可欠です。私たちの体も血も食事から作られているので、食生活が不規則でバランスが悪ければ当然血液の状態も悪化してしまうでしょう。特に良いのが、お茶です。緑茶にはポリフェノールが豊富に含まれているので抗酸化作用を感じ、コレステロール値や血糖値を下げる効果があります。抗酸化作用も実感することが出来るでしょう。ウーロン茶や麦茶も効果的です。どちらも血液をサラサラにする効果が高いといわれています。しかしの見過ぎは禁物です。血液をサラサラにする食事といえば定番なのが青魚です。いわしやかつお、ブリ、サンマなでゃドコサヘキサエン酸やエイコサペンタエン酸が豊富に含まれているので血液の流れを改善してくれるでしょう。青魚は焼くだけでも簡単に美味しく食べることが出来るのでおすすめの食品です。魚をあまり食べる習慣がないという人は食べる習慣を作ってみてはいかがでしょうか。海藻類、納豆、キノコ等も良いといわれています。野菜だと人参、カボチャ等に含まれているカロチンが血液をサラサラをする効果が高いでしょう。

 

血液サラサラと赤ワインの関係

お酒は体に悪いという印象がありますが、全てのお酒が悪いという訳ではありません。たとえば赤ワインはポリフェノールが豊富だからアンチエイジング効果が高い、美容に良い、健康にも良いといわれています。飲みすぎてはいけませんが、一日グラス1杯程度であれば健康に良い効果をもたらしてくれるでしょう。血液サラサラになる効果もあるといわれているのが、赤ワインです。赤ワインには血栓予防効果があることで知られています。たっぷりのポリフェノールが含まれているので、体の老化ろ進行させる活性酵素の生成を抑え、血栓症を予防する効果があるのでしょう。もともとアルコールは血流改善に良い飲み物だといわれていました。なぜならアルコールを飲むことで血管がひろげられて、血行促進する効果があるからです。もちろんお酒を飲むことでストレス発散となり健康に良い効果をもたらしてくれるのでしょう。しかし飲みすぎると逆効果です。胃腸に負担もかかりますし良いことはありません。ほろ酔い程度であれば健康に良い効果をもたらしてくれるので、赤ワインを飲む習慣をつけるのも良いかもしれませんね。

 

血管を柔らかくする効果のある成分とその特徴

血管を柔らかくする効果のある成分は、品目数が多彩な食事にすればバランスよく摂取できます。魚類ではオメガ脂肪酸としてDHAとEPAが代表的なために、現在ではサプリメントの原料としても使われています。DHAと同様な働きをする必須脂肪酸では、エゴマ油に含まれるαリノレン酸も血管を柔らかくする効果のある成分です。こうしたことから、エゴマ油を入れた合わせ調味料を作り、DHAが豊富な魚類の料理にかけて食べることも健康的となります。

キノコ類に含まれるものでは、βグルカンも血管を柔らかくする効果のある成分として重要です。βグルカンは食物繊維のような役割をして、血中に余計な脂肪が蓄積することを防ぎながら、血管を柔らかくする働きをする特徴があります。そのため、脂肪やコレステロールが気になるステーキには、キノコ類を付け合わせにして添えると健康的です。主食を白米だけにすれば糖質が過剰になるわけですが、この中には大麦や雑穀を混ぜることで、βグルカンを増やすことも可能です。

血管を柔らかくする効果のある成分は、大豆食品に多いことも特徴です。大豆は低脂肪で高タンパクなために、肉類を減らした代わりに利用すると、血液をドロドロにさせる心配がなくなります。大豆に含まれるペプチドやイソフラボンも血液や血管にとって望ましいものです。納豆には血管を柔らかくする効果のある成分として、ナットウキナーゼという酵素が含まれることも特徴になっています。


DHAとEPAとは?それぞれのの血液をサラサラにする効果のメカニズムとは

DHAとEPAはどちらも血液サラサラ効果があることがわかっており、どちらも必須脂肪酸として人間には必要な成分となっています。しかし実際にはそれぞれの働きは少しずつ違いがあります。
DHAは動脈硬化の原因となる悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やす働きがあります。脂肪酸の合成に関係している酵素の合成を抑える働きもあるため、高血圧や動脈硬化といった生活習慣病の予防効果が期待できます。中性脂肪の合成も抑えてくれますの。
EPAは血栓ができるのを予防する効果があります。血栓ができるというのは血液が固まりやすいということですので、血液が固まりにくくする働きでスムーズに血液が流れるようにする働きがあります。また、コレステロールを低下させる作用がありますので、血液をサラサラにしてくれるのです。
血液サラサラ効果が高いのはEPAだと言われていますが、どちらも青魚に含まれている成分ですしDHAは体内でEPAから生成することができる成分のため、EPAがしっかりと配合されているものを摂取することができれば、DHAもきちんと身体に必要な分を摂取できると考えても良いと言われています。逆にEPAは摂取していないと減少していきますので、重視して摂取することが大切です。


ドロドロ血を解消する方法とメカニズム

日本では、生活習慣病で悩んでいる人が増えています。
生活習慣病の原因のひとつが、ドロドロ血なのです。
ドロドロの血液にも、様々なタイプがあります。
食べ過ぎなどが原因で、血液中の糖質や脂質が増えてしまったり、血管が傷付いたのを修復するために血栓ができ、その血栓によって血液の流れが悪くなってドロドロした血液になってしまうケースもあります。
ドロドロ血を放置していると、動脈硬化など、様々な病気の原因となるので、早めに解消した方が健康のためです。
ドロドロ血を解消する方法のひとつが、ドロドロ血をきれいにする栄養素を摂取することです。
血液をきれいにする食品は、日本に数多くあります。
納豆に含まれている酵素のナットウキナーゼは、血栓を溶かす作用があり、梅干しやレモンに含まれているクエン酸には、血栓を防ぐ作用があります。
魚に多く含まれているDHAには、血管の弾力性を高め、赤血球を柔軟にして血液の流れを良くする働きがあります。
野菜や果物、赤ワインなどに含まれているポリフェノールには、抗酸化作用があり、活性酸素から血管を守ってくれます。
ドロドロ血は、血管を健康にして、血液の流れがスムーズになることで解消することが可能なのです。


DHA・EPAの1日の推奨摂取量と料理で摂る大変さ

EPAやDHAというのは不飽和脂肪酸の一種であり、主にアジやサバなどの青魚に含まれます。高血圧や肥満など、健康に関して様々な効果を発揮するので、積極的に摂取することが勧められている成分です。厚生労働省によると、EPAとDHA共に、一日の摂取推奨量は1グラムとされており、これは大きめの魚の切り身で、一切れ分から二切れ分程度に相当します。また、一日3グラム以上摂取すると過剰になるので、意識しておきましょう。
では、一日の摂取推奨量をクリアするためには、毎日アジやサバなど青魚の刺身を食べれば良いことになりますが、EPAやDHAは料理方法によって失われてしまうので、実際には効率的に摂取できていないことが多いです。また、前述した刺身に含まれる目安量は、脂の乗った新鮮なものという前提があるので、毎日それを食べることも困難です。そのため、基本的には食事で摂ることを意識しつつも、足りない分はサプリメントなどで補うと効果的です。


血液サラサラにして血行改善すると治る症状

最近は食生活の乱れや不規則な生活習慣により、血液がドロドロとして血行が悪くなってしまう方が多くいます。そのような血液状態になると様々な病気を引き起こしやすくなります。では、血液サラサラにして血行改善すると、どのような症状を防いだり、治すことができるのでしょうか。
まず、血行が悪くなると血管内の圧が高くなってしまい、高血圧となってしまいます。また、ドロドロとした血液は血栓を生じやすくさせるため、脳梗塞や心筋梗塞などの動脈硬化を引き起こす可能性があります。そのため血液サラサラに血行改善をすると高血圧を改善し、生活習慣病による症状を改善・予防することができるのです。また、血行改善することにより全身の代謝も活発になります。そのため、太りにくい体質にする効果も期待できるのです。
このようなことから血行改善には健康を維持する効果があります。血液サラサラにするためには普段の食生活に気をつけたりサプリメントなどを利用することをおすすめします。


血液サラサラ成分を含む食品についてまとめ

血液サラサラ成分を含む食品では、魚介類であればDHAを含む青魚が代表的なもので、イワシやサンマなどの大衆魚からも大量に摂取できます。脂っこい魚に多いのですが、肉類の脂肪分とは根本的に違う構造になっているため、マグロの大トロの部分を食べても健康的に吸収することができます。

加工して利用する食品類については、コンニャクは特に優秀なものです。コンニャクにはグルコマンナンという食物繊維が含まれ、食事で摂取すれば血液サラサラにさせるために役立つものです。コンニャクの種類の中で、黒い色になっているものにはヒジキなどの海藻が含まれることから、フコイダンなどの血液サラサラ成分も同時に摂取できます。

血液サラサラ成分は香り高い野菜にも多く含まれ、代表的なものでは長ネギやニンニクがあります。これらの香味野菜はユリ科の植物に共通する成分として、辛味を構成するアリシンが含まれるのが特徴で、血液サラサラ成分としても重宝されています。


ドロドロ血になってしまう原因、生活習慣とは

ドロドロ血になってしまう原因、生活習慣はいくつか挙げられます。
まず、食べ物。脂肪分の摂り過ぎは血液をドロドロにします。また、意外かもしれませんが糖分の摂りすぎでもドロドロ血になります。お菓子やジュースなどで摂り過ぎた糖分も、体内で中性脂肪に変換されるので血液がドロドロになってしまうのです。食事はバランスを意識し食べ過ぎないことが大事です。
次にあげられるのが運動不足。運動で脂肪や糖分を燃やしていないとすぐに体に溜まり、ドロドロ血になってしまいます。
過度の飲酒・喫煙もドロドロ血の原因の一つです。飲酒や喫煙の度が過ぎると体内で活性酸素が発生し、体を錆びつかせ、血流が悪くなります。また、コレステロールや中性脂肪の値も上昇するので血液がドロドロになってしまうのです。
活性酸素を発生させるという意味ではストレスも大敵です。また、強いストレスを受けると血圧・コレステロール・血糖値が上昇するので注意が必要です。
水分不足もドロドロ血の原因として挙げられます。汗をかいたのに水分を摂らないでいると血液中の水分も少なくなるのでドロドロになってしまいます。こまめに水分補給をすることはドロドロ血にとっても大切なことなのです。


動脈硬化の原因、合併症、改善に良いこととは

動脈硬化は血管が硬くなってもろい状態になったり、血管の内側が狭くなり血液が流れにくくなるなどします。
原因には、老化、血中の悪玉コレステロールの増加、中性脂肪の増加、高血圧、肥満、糖尿病、喫煙などが挙げられます。
動脈硬化との合併症には脳梗塞、脳血管性痴呆、狭心症、心筋梗塞、閉塞性動脈硬化症、急性動脈閉塞症などがあるだけに予防や改善をせずにいることは命の危険性を高めてしまうだけに健康診断等で数値が高い人は早期に予防と改善をする事が大切です。
予防をするにあたって中性脂肪の増加や高血圧、糖尿病、肥満など生活習慣の乱れから繋がっているものと考えられるだけに生活習慣と食事を見直すことが重要となってきます。
近年は日本での食事は欧米化していますので、肉類や油、ファースト―フードなどでどうしても脂質を多く摂取してしまいます。血中の悪玉コレステロールの増加、中性脂肪の増加を促してしまうので野菜を中心にして塩分を控えめにする事に心掛けることが大切です。
禁煙、禁酒、ストレスを溜めないように心がけることも必要です。
忘れてはいけないのが運動をする事です。激しい運動をする必要は無いので毎日継続できる散歩などを取り入れるだけでも十分効果はあります。
血管の健康を維持することで老化防止にも繋がり若々しさを維持することも出来るので、規則正しい生活と食事をして動脈硬化の予防と改善をしましょう。


血液をサラサラにする薬の種類とそれぞれの特徴・副作用について

血液をサラサラにする薬は、大きく分けて、口から飲んで効くものと、胃や腸で吸収されない為に口から飲んだのでは効かない物があります。内服薬では、クマリン誘導体のワーファリンです。血液の中には、フィブリノーゲンという物質が存在していて、フィブリノーゲンがフィブリンに変化すると血液が固まります。一方、肝臓では、プロトロンビンがビタミンKの働きによってトロンビンに変化します。このトロンビンが、フィブリノーゲンがフィブリンに代わるのを阻止するので、血液は固まらずに済みます。ワーファリンは、肝臓に作用して、ビタミンKの作用を邪魔することによってプロトロンビンが作られるのを防ぐのが特徴です。副作用は、蕁麻疹や皮膚炎、発熱です。大量に出血してしまった場合は、ビタミンKを投与します。胎盤を通過してしまうので、妊婦の方には使えません。点滴や注射、外用で使われるのが、ヘパリンです。消化管を通らずに直接血液の中に入るので、効果が現れる速度は、速いです。プロトロビンがトロンビンに変換されるのを邪魔することで、血液サラサラ効果を発揮します。胎盤を通過しないので、妊婦の方にも使える薬です。副作用は、急激な休薬による、血栓症などがあります。